ホームページ 北海道淡水魚保護フォーラム報告 オピニオン 運営委員 書庫 お問い合わせ 活動の記録 更新履歴

第2回北海道淡水魚保護フォーラム

真山 紘

真山 紘 (まやま ひろし)

独立行政法人さけ・ます資源管理センター
 


 日本系のサケ資源は1970年代以降、好適な海洋環境と人工ふ化放流技術の進歩に支えられて著しく増加しました。ところがサケマス類の増殖にとって有効な方法であるとして積極的に取り組まれてきたものの中には、サクラマス資源に少なからぬ影響を及ぼしたこともあったのです。
 その一つは、わが国のサケマス資源の増殖が「サケ」という種を主対象とし、「人工ふ化放流」という増殖手法に特化して進められてきたことがもたらした影響です。そしてもう一つは、資源量の減少した河川に他の河川から受精卵や幼稚魚を移入して放流する「移殖放流」という方式がサクラマスに も広くとりいれられてきたことです。これら増殖手法がサクラマス資源にどのように影響を与えてきたのでしょうか。
 人工受精された卵はふ化場の中で降海直前の幼稚魚期まで、理想的な生育環境(安定的に供給される良質な水、十分な量のバランスのとれた餌、外敵からの防御)のもとで管理され、放流後にはほとんど河川にとどまることなく海洋生活に移行します。また、生まれた川に戻ってきた親魚の採捕場所は河川遡上中に出会う各種減耗要因(遡上障害、密漁など)から保護するという理由により、徐々に下流に移され、河口付近で採捕するケースがふえてきました。このようにして、サケに限れば、河川は放流稚魚の降海移動と親魚の遡上のために一時的に使われる通路に過ぎなくなってしまったわけです。
 本州の多くの河川では、漁業権魚種としてアユが最も重要なことから、好ましい河川環境を維持保全するときの対象種とされその役割を果たしてきました。しかし、北海道ではサケが最も重要な産業種だったことからその増殖手投が河川への依存度を低下させるにともない、河川環境改変への歯止めを失った結果をもたらしてきました。サケの人工ふ化放流事業の進展が結果的に河川の自然環境の荒廃、そしてそこに住む生物の多様性の低下に寄与したとの印象は拭いがたいと言えます。皮肉なことに同じサケマス類であるサクラマスの受けた影響が大きかったのです。
 サクラマスは、産卵床から浮上してから少なくとも1年間はヤマメとして河川生活を送ります。また、回帰親魚は主に春の融雪増水時に河川遡上を始め、秋の産卵期まで長いものでは半年も河川で成熟を待ちますから、卵の時期を入れると3年の生涯のうちほぼ3分の2を淡水域で過ごすことになります。親魚期の遡上障害の増加やかくれ場所の消失、幼稚魚期の生息空間の減少など河川環境の悪化に加え、ヤマメを対象とする釣り人がこれら狭めれたみ場に集中するようになったため、サクラマスの数は減少し、河川毎の固有資源の絶滅を招いてきました。
 サクラマスの人工ふ化放流でも,サケと同様の河川省略型増殖法として、幼魚の河川生活期間(ほぼ1年半)すべてを池中で管理し,降海型幼魚(スモルト)を放流しようという試みが1980年前後から進められてきています。しかし、生産コストや飼育用水の確保に制約を持つため、大規模な放流は将来にわたっても難しいと思われます。自然産卵可能な環境の増大と適切な保護施策にょる野生集団の保全を基本として、補完的に人工ふ化放流を組み合わせていくことがサクラマス資源の保護には欠かせないと考えられます。



 次に「移殖放流」についてですが、サケマス類は受精からふ化までの卵の期間が長く、卵が大きくて扱いやすいことから、古くから広範囲に行われてきました。サクラマスは春の融雪増水時に河川遡上を始めるため、増殖用の親魚を確保しにくく、慢性的に人工ふ化放流用の種卵が不足してきました。このため、受精卵を確保可能な特定の河川から広範囲に移殖が行われてきたのです。
 生まれた川に戻る性質(母川回帰性)が強いサケマス類では、それぞれの地域や河川の環境に適応した特性を持つ遺伝的に異なった地域集団を形成していることが知られています。したがって、異なる地域間で移殖放流を行うと、在来集団特有の遺伝的多様性を失うおそれがあります。特に河川生活期間が長いサクラマスは、他のサケ属魚類に比べ河川間の遺伝的独立性が強く、隣り合った河川間でさえ大きな遺伝的変異がみられるといわれています。また標識放流試験の結果、他地区の河川からの移入魚の回帰効率(生残率)は地場の河川群に比べ大幅に劣ることも確かめられています。
 川でのヤマメ釣りを対象としてサクラマス幼稚魚を放流する場合、一生降海することなく河川に残留するタイプが好まれるため、養魚場で選抜育種して人為的に作られた系統群が選ばれることが多いようです。これらが自然界で在来魚と交雑すると、それぞれの河川固有の遺伝的特性を変質させてしまいます。サクラマス(ヤマメ)の河川内漁業権を有する本州の数多くの河川では、その代償措置として種苗放流(義務放流と呼ばれます)が課せられるため、安易に他河川あるいは池中継代種苗を移入することが多く、河川固有群が純粋のまま残る河川はごくわずかしかないと考えられています。
 また、意図的な移殖行為とは異なりますが、サケマス増殖事業の一連の過程の中で図らずも固有群の消失をもたらすこともあります。大河川のサクラマスは支流毎にも異なる遺伝的特性を持っていたと推測されます。ところがサケと同じように河口域で人工ふ化放流用の親魚を採捕した場合、得られた卵はいくつかの支流分集団の遺伝子をプールしたものになってしまいます。集団遺伝学的検討が行われないまま、これらの多くがすでに消滅しまったと考えられています。



 「北海道の稀少野生生物・北海道レッドデータブック2001」によると、サクラマスは保護に留意すべき種または亜種と位置づけられる「留意種」のひとつとされています。北海道ではどこの川にも多かれ少なかれ住んでいるヤマメが、なぜレッドリストに選ばれたのだろう、と疑問に感じるかもしれませんが、上記したようにそれぞれの河川の遺伝的固有群が純粋のまま残る河川は、今ではごくわずかしかないと考えられています。
 河川固有群の遺伝的多様性を安定的に高い水準で保持していくためには、河川集団毎の個体数を多く保つことが良いことはいうまでもありません。そのためには多様な生息空間の存在も不可欠です。越冬期、出水期、そして夜間のように魚類の活動性の低下する時に早い流れを避けることが可能な環境条件の確保は、特に生残率を高めるために重要ですが、これらは近年の河川工事によって数多く失われてきました。このような休息空間の不足がサクラマス資源量を制限する要因の一つになっていると考えられます。また、サクラマスは親魚の産卵遡上、スモルト化幼魚の降海移動、稚魚期の分散移動、季節変化に伴う移動(たとえば越冬場所への秋の移動)など生活史を通して大小の河川内移動を行っています。これらが河川を横断して設置されるダムや堰、利水の強化による流量の減少によって妨げられたとき、生残率の低下、繁殖効果の低下に直接結びつきます。さらに河川流量の減少と河畔の森林の減少は夏季の河川水温の上昇を招いて、サクラマス幼魚など冷水魚の生息域を狭めてきました。
 近年河川管理者は環境に配慮した河川改修工事や魚類の遡上障害を除去する対策に取り組み始めています。しかし、このような障害排除のために必要な具体的条件を問われたとき、これに的確に応える研究成果を水産研究者が蓄積してきたと自信を持って言えるでしょうか。人工ふ化放流主体のサケマス増殖研究の見直しが求められています。


「北海道・淡水魚保護フォーラム No.2 川の環境と淡水魚の多様性を守る」
(2001年11月24日、大沼国際セミナーハウス) 講演要旨
(C)2001 Hiroshi Mayama, All rights reserved.