ホームページ 北海道淡水魚保護フォーラム報告 オピニオン 運営委員 書庫 お問い合わせ 活動の記録 更新履歴

 


代  表 帰山雅秀
事務局長 後藤 晃

〒041-8611
函館市港町3-1-1
北海道大学大学院
水産科学研究院内

電子メール

第14回北海道淡水魚保護フォーラム//平成26年度 美幌博物館フォーラム

手作り魚道から始まる地域の自然再生

手作り魚道から始まる地域の自然再生

講演要旨集(pdf、2.7MB)をダウンロードいただけます。

日時:2014年5月24日(土)14:00〜18:00
場所:しゃきっとプラザ1F(美幌町役場となり) 集団健診ホール〒092-8650 北海道網走郡美幌町字東3条北2丁目1番地

内容:
● 基調講演
「河川の自然再生 −本来の川の姿を取り戻すために必要なこととは?−」
卜部 浩一(道総研 さけます・内水面水産試験場)

●事例紹介
「よみがえる!美幌川 −美幌町の手作り魚道−」 
町田 善康(美幌博物館)
「故郷の川に魚を戻したい」 
橋本 光三(駒生川に魚道をつくる会)
「住民にもできる?河畔林の再生」
長坂 有(道総研 林業試験場)
「ごはんを食べてマガンを守る! −共働で進める湿地の保全と活用−」
牛山 克巳(宮島沼水鳥・湿地センター)

●ポスターセッション
「円山動物園のビオトープや札幌市内の公園での保全の取り組みと問題点について」
桑原 禎知(鯤 - Kon Photography & Research)
「既存アイスハーバー式魚道の泳ぎ上がりを考慮した簡易的改良の効果」
山本 敦也(東京農業大学アクアバイオ学科)

主催:北海道淡水魚保護ネットワーク・美幌博物館

問い合わせ先
美幌博物館まで
電話:0152-72-2160
FAX:0152-72-2162
メール